多摩川精機株式会社

  1. arrow 日本語
  2. arrow English
  3. arrow サイトマップ
  4. arrow 本社ウェブサイト

各種表面修飾

FG beads®には、化学物質(薬剤)、タンパク質、DNA等様々な物質を固定化できます。 固定化する物質の官能基に合わせて、13種類の中から最適な表面修飾を有するビーズを選択することができます。またFG bedasは各種の有機溶媒に耐性があるので、様々なリガンドを固定化することができます(ストレプトアビジンビーズなど、タンパク質固定化 FG beads® は有機溶媒中でのご使用はお避けください)。リガンドを固定化したビーズを用いて標的となる生体物質をアフィニティ精製することができます。
→ラインナップはこちら

FG beads®の表面にはリンカーと呼ばれる分子の鎖を導入しています。リガンドに比べて標的物質の分子量が大きい場合や、標的物質の内部にリガンドとの結合部位がある場合には、立体障害によりアフィニティ精製効率が著しく低下する可能性があります。リンカーを介してリガンドをFG beasに固定化することで、この問題を回避することができます。